Topics ロウソク足
Bybit Learn
Bybit Learn
Intermediate
Mar 1, 2021

取引を成功させるために知っておくべき16のローソク足のパターン

技術的分析は、トレーダーが傾向を決め、反転を予想するのに役立つ様々な道具を提案する。 技術指標の他にも,優れた操作方法はローソク足チャートとそのパターンである.

資産の過去の値を表示する方法は種々ある。 外国為替、会社持分、又は暗号通貨である。最も多く使われる3種類のチャートタイプは折れ線、棒チャート、ローソク足チャートである。 多くのトレーダーは、傾向の反転、または一定の正確さで持続を予想する立派なパターンを提供できるため、後者を好む。

ローソク足パターンは特定の市場の行動を予測するために、燭台チャートにグラフィックで表示された資産相場の動きだ。 トレーダーたちは、ローソク足チャートで特定パターンが先行した時に、相場が似たようなやり方で動いたことを観察した。ですから、彼らはこのようなパターンを分離して技術的分析道具として使用するため、それらを別の範疇に分類しました。 それでローソク足チャートは何ですか?

candlestick charts

ローソク足とは何か?

ローソク足チャートは、資産の過去の値動きを時間に応じて表示する方法です。 各ローソク足は、投資者が選択した期間に応じた特定の期間を表しています。 例えば、D1チャートを設定すると、各ローソク足は1日になります。

研究者たちは、日本の米商人がローソク足を初めて概念化した人ということに同意します。 その後、ローソク足の概念化はSteve Nisonの本「Japanese Candlestick Charting Techniques」を通じて西欧の世界に達しました。

次は相場分析を直観的にローソク足の目的を理解できるようにするいくつかの重要な構成要素です。

弱気と強気のローソク足

実体

実体は資産の始値及び終値を示します。 開始価と終値の位置は、一定期間、ローソク足が上昇トレンドなのか、それとも下落トレンドなのかによります。 上昇トレンドでは、終値が開始相場より高く、その逆も同様です。

ヒゲ

各ローソク足には通常、二つのいわゆる影かヒゲがありますが、通常ルールではありません。 ひげは、与えられた期間中の高値と低価を表す。 このため上ヒゲは最高価を表し、下ヒゲは最低価を表します。 ヒゲのうちの一つしか見えない. 高値または安値が始値または終値と一致してから発生します。

実体の色は相場の動きの方向を示している。 一般的に、緑色(または白色)の棒は相場上昇を表し、赤色(または黒色)の棒は相場下落を表す。 ほとんどのホームでは赤や緑の棒を見ることができる。 結果的に実体が緑色であれば上限が終値を示す。

ローソク足はトレーディングでどのように動くか?

ローソク足チャートは資産相場を表示する最も包括的なスタイルだ. 仮想通貨のトレーダーは、株式及び外国為替の取引においてこのようなタイプのチャートを借りてきました。 終値のみ表示される線形チャートとは異なり、ローソク足チャートは、上記の構造のおかげで過去の相場に関する多くの情報を提供します。

ローソク足は時間順に形成され技術的指標がなくても一般的な傾向と抵抗線、支持線を見ることができます。 その他にも買いまたは売りの合図の役割をする特定のパターンを形成することができます。 ローソク足チャートの使用は、特に変動性が高く、詳細な技術分析が必要な仮想通貨と関連しています。

ローソク足パターンのBest16タイプ

トレーダーが提案した数十種類のパターンがありますが、最も人気のある信頼できるパターンを並べていきます。 下落トレンド以降に現れ、反転が予想される上昇パターンから始めます。 仮想通貨のトレーダーは、一般的にこのようなパターンが現れるときに買いポジションを開きます。 見てみましょう。

1.ハンマー(Hammer)

ハンマー(Hammer)

ハンマーローソク足はさらに長いひげを持つ短い実体で構成されています。 一般的に下落トレンドの下段に見つけられます。 この表現は買いが与えられた期間、売りの圧力に抵抗して相場を再び上げたことを表しています。 緑の棒と赤の棒の両方を有するハンマーパターンがあるかもしれませんが、前者は赤のハンマーより強い上昇傾向を示しています。

2. 逆ハンマー(Inverse Hammer)

逆ハンマー(Inverse Hammer)

逆ハンマーは以前のパターンと非常に類似しています。 標準ハンマーとは違うのは、上ヒゲが長く下ヒゲが非常に短いという点です。 このような表現は、売り手が買い手を下げることに失敗したことによる買い圧迫を示唆します。 結果的に,購入者はさらに強い圧迫とより高い相場で戻ってきます。

3. 強気の抱き線(Bullish Engulfing)

以前の2つのパターンとは異なり、強気の抱き線は、2つの実体で構成されます。 最初の実体は、より大きな緑色の実体に囲まれた短い赤色の実体でなければなりません。 2番目の実体は以前の赤色実体より低く始まりますが、買い圧力が高まり下落トレンドが反転します。

4. 切り込み線(Piercing Line)

切り込み線(Piercing Line)

また、他の2つの実体で構成されたパターンは切り込み線で下落トレンドの下段、支持線または下落中に表示されることがあります。 パターンは長い赤色実体とそれに沿った長い緑色実体で構成されます。 このパターンの重要な側面は赤色実体の終値と緑色実体の始値の間にかなりの差があるということです。 緑色実体がはるかに高い相場を提示するという事実は買収圧力を意味します。

5.明けの明星(Morning Star)

明けの明星(Morning Star)

明けの明星が3つの実体で構成されているため、より複雑なパターンです。 長い赤、短い実体、長い緑の順となります。 一般的に真ん中実体は長い実体と重ならないです。 明けの明星第1期の売り圧力が弱まり、強気相場が形成されていることを示唆します。

6.赤三兵(Three White Soldiers)

赤三兵(Three White Soldiers)

もう一つの実体で構成されたパターンは赤三兵です。 それは一般的に、細かい髭のある、3本の長い緑色の実体から成り立っています。 条件は、3つ連続したグリーン実体が以前の期間より高く開閉しなければならないということです。 下落トレンド以降に現れる強力な強気トレンドと見なされます。

次に、上昇傾向の反転を予想して、一般的に抵抗領域から来るもう一つの弱気パターンについて議論します。 これらのパターンは、一般的にトレーダーが買いポジションを終了したり、売りポジションをつかむように誘導します。 さあ、見てみましょう。

7. 首吊り線(Hanging Man)

首吊り線(Hanging Man)

首吊り線はハンマーのようなパターンであり、単に反対です。 したがって、それは、短い実体と長い下ひげのある緑色または赤色実体で形成されます。 これは上昇傾向の末に現れます。 それは与えられた期間中にかなりの売りを暗示しますが、買い手は一時的に相場を上昇させる可能性があり、その後は統制力を失う

8.流れ星(Shooting Star)

流れ星(Shooting Star)

流れ星は逆ハンマーに反対です。 短い胴体と長い上側のひげのある赤い実体で構成されます。 一般的に、市場は実体の始値からやや高めのギャップがあり、時価の直下で締めくくられる前に、現地の最高点まで高騰するでしょう。 実体は時にはほとんど存在しないこともあります。

9.弱気の抱き線(Bearish Engulfing)

弱気の抱き線(Bearish Engulfing)

「弱気の抱き線」は「強気の抱き線」の逆バージョンです。 最初のローソクは、小さな緑色の実体を持ち、次に長い赤色の実体で完全に覆われています。 この表現は上昇傾向の頂点にあり、反転を示唆しています。 2番目のローソクは低いほど弱含みの動きが多いモメンタムを持つようになります。

10.三川宵の明星(イブニングスター)

.三川宵の明星(イブニングスター)

もう一度、三川宵の明星は上昇トレンドである明けの明星の逆バージョンであり、3本のローソクでパターンを示します。 長い緑色のローソクと大きな赤色のローソクの間にある短いローソクで構成されます。

11.黒三兵(Three Black Crows)

黒三兵(Three Black Crows)

黒三兵は上昇トレンドの赤三兵のようですが、全く逆です。 短いもしくはほとんど存在しない、髭のある長い3本の赤いローソクで構成されます。 新しいローソクは以前と同じ相場で開かれますが、締め括るたびにずっと低くなります。 これは強い弱気の信号とみなされます。

12. かぶせ線(Dark Cloud Cover)

かぶせ線パターンは弱含みの反転を予想します。 この表現は二本のローソクで構成されています。 赤いローソクは以前の緑色のローソクの上で開かれ、中間地点の下で閉じます。 これは、弱気が市場を掌握して相場を引き下げたことを示唆しています。 ローソクのひげが短ければ、トレーダーたちは強い下落傾向を期待することができます。

勢いの反転を予想する強さと弱さのパターンのほか、中立的や強さ、または弱気といった趨勢の継続を示すローソク足パターンもあります。

下記4つのパターンがそれです。

13. 同時線(Doji)

同時線(Doji)

同時線には非常に小さな実体と長いひげがあります。 一般的に、傾向が持続するパターンと認識されますが、トレーダーは反転が発生する可能性もあるので、注意しなければなりません。 混乱を避けるため、状況がはっきりしたら同時線を確認後にポジションを取る必要があります。

14. コマ(Spinning Top)

コマ(Spinning Top)

同時線のようにコマは実体の短いローソクです。 しかし、両ひげは長さが同じなので、実体は中央にあります。 この表現はまた、優柔不断であることを示し、かなりのラリー又は相場下落後の休息又は強化の期間を示すことができます。

15.下げ三法(Falling Three Methods)

下げ三法型は5つのローソクで構成されたパターンで下落傾向を示しています。 長い赤ローソク、小さな連続した3本の緑のローソク、そしてもう一つの長い赤ローソクで構成されています。 緑のローソクはすべて赤で覆われており、下落傾向にある十分な力のなさを示しています。

16.上げ三法(Rising Three Methods)

上昇傾向にある観察を可能にする上昇三法型パターンもあります。 パターンは長い緑のローソク、3本の小さな赤、そして他の長い緑のローソクで構成されています。

ローソク足チャートを どうやって読むんですか?

ローソク足チャートには過去の相場データに関する多くの情報を含んでいるので、練習後に簡単に読むことができます。 前もって議論したローソク足パターンの他にも、特定の方法で構成された複数のローソク足によって形成されたチャートパターンもあります。 いくつか例は、ダブルトップやダブルボトム、フラッグや三角旗などです。

初心者や熟練したトレーダーでも一般的なトレンドを視覚的に見ればローソク足チャートが読むことができます。 このような視覚資料は、一般的にトレーダーが特に抵抗及び支持水準で、ローソク足とその形状の特定パターンを識別するのに役立つ洞察力を提供します。

ローソク足チャートでの一般的な用語

次は、ローソク足チャートをベースに、取引のたびに理解してほしいいくつかの用語です。

  • 新しいパターン(Emerging patterns) – まだ形成されていないが、進行中のローソク足パターン
  • 完了パターン(Completed patterns) – 強気または弱気信号と見なされるすでに完成したパターン
  • 始値(Open) – ローソクの始値
  • 終値(Close) – ローソクの終値
  • 高値(High) – 1本のローソクが期間中に到達した最高相場
  • 安値(Low) – 1本のローソクが期間中に到達した最低相場

ローソク足パターン使用のメリット

ローソク足のパターンは、仮想通貨のトレーダーに次に来ると予想される潜在的な動きについてさらに明確にします。 つまり、これはトレーダーがいつ買収または売却ポジションを開始するか、またはいつ市場から出るかを決定するのに役立つ取引信号の役割をします。 例えば、スイングトレーダーは、反転又は持続取引パターンを決定するために、ローソク足チャートをスイング取引の指標として使います。

ローソク足のパターンを早く覚える方法

ローソク足のパターンを早く把握するために、投資者はチャートを見て、少量の資金で取引する練習を通じて身につけなければなりません。 スタートする最も良い方法は、個別のローソクの形状にハイライトをし、ローソクを2本のローソクパターン足で解剖することです。

相場が変動している間、容易に把握できると確信できるまで、パターンで始めて学んだ方が良いと思います。

結論

ローソク足のパターンは外国為替取引や株式市場と同じ効率性を示すため、デイトレーダーを含むすべての仮想通貨トレーダーの武器庫になければなりません。

ローソク足は重要な個別の取引信号を提供することもできますが、このようなパターンを技術的分析指標と結合して採用したり無効化することをおすすめします。

FAQ:

ローソク足パターンを使って市場の転換点を予測することはできますか。

はい。一部のローソク足パターンはこれを正確にするために使用します。 つまり、趨勢の反転を予測します。 しかし、彼らが100%の成功率を持っているということを意味しているわけではありません。

ローソク足チャートが棒チャートと違いますか。

はい。ローソク足チャートは棒チャートとは違いますが、相場データの量が同じなのでいくつか類似点を共有します。 しかし、ほとんどのトレーダーはローソク足チャートが読みやすいことに同意します。