Topics ロウソク足
Bybit Learn
Bybit Learn
Intermediate
25 de ene de 2021

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か? & どのように使うのか?

仮想通貨トレーダーは、従来の市場で使われるすべての技術分析ツールを借りてきたため、不必要に時間を浪費する必要はありません。たとえ、仮想通貨市場が依然として浮上しており、変動性が非常に大きいとはいえ、相場は私たちの本質的レベルと関連する同一であり、古い原理に従って動いている。 何よりダブルボトムとダブルトップが、すべての投資者が知っておくべきことであることは明らかです。

ダブルボトムとダブルトップは市場トレンドの反転を正確に見せ、これらがすべての市場で人気を維持することは驚くことではありません。

序文として、ダブルボトムパターン(W字型)は棒型、さらにラインチャートでも確認できますが、キャンドルチャートでの強気反転形態です。これはまた、下落反転パターンであるダブルトップパターン(M字型)の鏡のように伝えます。

もちろんこのようなパターンは取引者の心理とも関連があり、市場に対する中長期的観点の分析に最も適しています。しかし、最も良い点はビットコイン及びアルトコインのような仮想通貨において特別にうまく作動するという点です。

ところで、仮想通貨の取引にはどのように適用されるのでしょうか。 伝統的な株式市場を超えて、他の市場で使うときに違いがあるのでしょうか。さっそく始めましょう。

Double Bottom

ダブルボトムとは何ですか?

ダブルボトムパターンは、2つの相場の底が相対的に同じ水準にあり、ネックラインが抵抗線として作用するときに形成されます。 このパターンは下落トレンドの末現れ反転信号を送ります。

一般的に、トレーダーたちはロングポジションに行くために、相場がネックラインを超えるまで待つ。 それでもあなたが結局は趨勢に逆らう取引をする可能性があるため、自信がある場合にのみそうしなければなりません。

ダブルボトムパターンを使うキーは、パターンの2下限の間の持続時間が長くなるほどチャートパターンが成功する確率が高くなるということです。 これはまた、この技術的分析指標が繰り返されるパターンの活用を支援するため、長期取引により適していると解釈されました。

しかし、より正確な分析のためには避けるべきミスがあります。 つまり、二重底を正しく使用すれば、結果が非常に印象的ですが、注意しないと有害になることもあるということです。 それでは、どのように働き、どのようにしてそれらを発見できるのでしょうか?

ダブルボトムパターンの識別

基本原則をしっかりつかんだらダブルボトムを決定することはそれほど難しくありません。 これは規則正しく現れて、見えて、適切な信号を提供するパターンのうちの一つです。

  • 第一の底 – これは相場が初めて反発するときです。
  • 二つ目の底 – これは二つ目の相場支持です。
  • ネックライン – これは、底の間で形成される一時的な抵抗です。

このような形成の裏にある市場心理学は次の通りです。

  • 最初の底 – 最初の底-から、市場は反発して、底-を作る。 あなたはこれが下落トレンドにある一般的な反発だと考えるでしょう。
  • ネックライン – 反発中に相場は抵抗地点に到達し、再度、新たに形成された支持をテストするために戻ります。 このような局所抵抗を私たちが ネックライン と呼ぶものです。
  • 第二の底 – 売り手は,第一の底が十分な支持を得ているかどうかを強く望んでいる. 相場が最初の底の下に落ちれば、それ以上ダブルボトムはありません。 しかし、2番目の弱気の試みが、最初の底によって形成された支持線付近で失敗すると、パターンを明確に観察できます。 それでも、市場に参入するのは早すぎます。
  • ネックラインの離脱 – 市場が2番目の底も拒否すれば、相場は再び反発します。 以前に抵抗と定義していたネックラインを何とか超えれば、仮想通貨の取引者はこれから買い手を統制することができるので、長期保有に関心があるでしょう。

まさにそれです! それだけダブルボトムというパターンは明確かつ簡単なものです。 チャートに表示される内容は以下のとおりです。

Etherium US Dollar

要するに、ダブルボトムパターン(W字型)は、既存の下落トレンドが底を打った可能性があり、相場が反転するということを知らせてくれる。

ダブルボトムを活用する方法

私たちはすでに主要行動方針を記述したが、さらに知るべきことがある。 例えば、二重底点を活用する時、底点間の間隔がより大きいパターンを決めなければなりません。 このようなパターンは容易に発見される可能性が高いため、ネックライン離脱とそうして反転の可能性が増加します。

では、どのように活用するのでしょう?

Breakoutテクニック

ダブルボトムパターンを利用して取引するとき、ほとんどのトレーダーはネックライン上の相場が割れた直後に市場に進入するが、他のアプローチを試みることもできる。

明確な突破を待つ代わりに、落ち着いて市場を観察することができる。 相場はネックライン を突破した直後に下落する可能性がある。 「皆さんは、ためらうのではなく、買い手から確かな力を見たいと思います。 進行方法は次の通りです。

  • チャートで二重底パターンを識別しなさい.
  • 相場がネックラインを突破するようにしなさい。
  • 枝葉の下落を待ちなさい. これは一連のレンジキャンドルかもしれません。
  • 相場がネックラインと同時に起きる高止まりの時に長期保有しなさい。

相場がネックライン上に下がった時に急いで買い注文を開けずに下落があるか見守らなければなりません。こうすれば、市場に参入する際、十分に買い手が強いことを確認することができる。

いつダブルボトムを活用すべきか?

ダブルボトムを発見するたびに、特に既存の弱含みが過売水準に到達した際に活用できる。 そのためにRSI (Relative Strength Index) やStochastic といった技術的分析指標を使うことができる。

いい点は二つの最低点がいつも同じ水準ではない可能性があるということです。第二の底は,売り手が私の底を越えようとしているかのように低下するかもしれない。しかし、相場がなんとか2番目の底から反発すれば、パターンは有効で考慮に値する。

時々そのようなパターンが現れた場合、売り手はわなにかかって相場が1次下限線を割り込んだ直後にショートポジションをとらえるため注意が必要です。 それは、相場が再び上がる時に売り手の士気が落ちるため、買い手に信号を送ることです。

また、2番目の底が1番目の底より低い時、RSIとそのパターンが強い差を形成しないか確認することが合理的であり、これはあなたにとってより強力な信号になるでしょう。

Double Top

ダブルトップとは何でしょうか?

ダブルトップは上昇トレンドの終わりを示す下落反転パターンです。 それは、同じ水準の二つの上段の相場と支持の役割をするネックラインで形成されます。 トレーダーは相場がネックラインを下回るまで待ってからショートポジションを取る。

ダブルトップパターンの識別

よくダブル塔を観察することができるが、一部はあまりふさわしくないかもしれない。 パターンは3つの主要要素で構成される。

  • 最初の天井 – 相場が最初に後退する時です。
  • 二番目の天井-二番目の相場抵抗です。
  • ネックライン – 天井間に現れる一時的な支持です。

    Bitcoin US Dollar

ダブルトップを活用する方法

市場が過買収水準に達すれば、抵抗に直面してダブルトップパターンを形成することができます。 これは、相場が下落してから支持水準が見つかるまで、最初のピークから始まる。 この時点ではパターンを検知することはできません。 最初の天井を形成した後、相場は支持線(ネックライン)まで下落し、再び反発して新たに形成された抵抗をテストします。 相場がこれを突破できなければ、2番目のピークを形成する。 トレーダーはトレンドを警戒し、相場がネックラインを下回れば、売りに出る準備をしなければなりません。

ダブルボトム の場合と同じ Breakout テクニックが使用できますが、ルールが反転する。

ダブルボトムsとダブルトップsは、仮想通貨の取引に適していますか?

確実にYesと言えます! この二つのパターンは普遍的で、仮想通貨を含む全ての市場でうまく作動します。 もし、このようなパターンが現れる頻度は、例えば外国為替市場より低いこともあります。 しかしチャートで見つけると同様の関連を持っている。

仮想通貨のトレーダーは技術分析に非常に依存しており、チャートパターンは主に技術指標とともに使用されるとき、最も強力な信号を提供することができます。 それでも仮想通貨は変動性がより大きく、予測が不可能だという点で仮想通貨のトレーダーたちはもう少し慎重でなければなりません。

ダブルトップ vs. ダブルボトム : 違い

ダブルトップとダブルボトムは、完全に反対という点以外は根本的な違いがありません。 つまり、ダブルボトムの場合、上昇トレンドが正しいということは、ダブルトップの場合、下落トレンドでも同じだということです。 後者は下落反転の信号だからです。

ダブルトップは、相対的に同一レベルに位置する2つの高点とネックラインで構成されており、それはその時点での支持を示しています。

大きな枠組みで仮想通貨を取引する際、仮想通貨市場が拡張するために努力しているという点を勘案すると、ダブルボトムがより頻繁に現れなければならないため、2種類それぞれに対するアプローチの仕方が異なるかもしれません。

長所と短所

2つのパターンの最大の長所は、M15、H1、H4またはD1のような数時間帯に効果的だという点です。 そのためデイトレーダー、スイングトレーダー及びポジショントレーダーともに使用できます。 また、株式、外国為替、原材料及び仮想通貨とよく作動する普遍的なパターンです。

他の技術的パターンと同様にメリットもありますが、デメリットもある。 最大の短所はダブルトップもダブルボトムも、新しく形成されたトレンドが強固になるとは言い切れないという点です。 例えば、ダブルボトムの場合、売り手は3番目に相場を下げる機会を見つけるかもしれないし、さらには支持線下に突破を試みることもある。 したがって、トレーダーはストップロスのようなリスク管理ツールを使用しなければなりません。

避けるべきミス

ダブルボトムを利用して取引する人々の主なミスの一つは、相場がパターンのネックラインを超えた直後に買い取ることです。 この場合、慎重でないと、より大きな流れに立ち向かって取引することになりかねません。 市場が強い下落の中間にあり「小さな」ダブルボトムパターンを形成すれば、これを無視して一般的な下落トレンドを続けていく可能性が高い。

これを避けるためには、20日移動平均(MA)を追加しなければなりません。 もしMAより相場が低ければ、ネックラインブレイクアウトを買収してはいけません。 ダブルトップを利用して取引を行う際に、相場は期間20日MAを超えてはいけません。

概して書かれた規則に従えば、初心者でもこのようなパターンで成功する可能性が高い。 しかし実際の資金で取引する前にデモアカウントで練習する必要があります。

リスクマネジメント

ダブルトップ 及び ダブルボトムは最も信頼できるチャートパターンの一つですが、すべての場合におけるトレンドの反転を保障することはできません。 残高による深刻な損失を回避するため,いくつかの基本技術を適用することでリスクを軽減する必要があります.

最も重要なステップは、ストップロスの注文をすることです。そうすることで、相場が急に下落した場合の損失を減らすことができます。ブレーキアウト(ネックライン)と抵抗(ダブルトップの場合)又は支持(ダブルボトムの場合)の間にストップロスを設定しなければなりません。

一貫性を高め、長期目標に集中するためには取引当たり残高の1%以上を使用してはなりません。 それはリスクマネジメントの黄金率のひとつです。

市場が不安定な時、「オールイン」を通じて「ジャックポット」を噴き出したい誘惑にあったら、実際運がいいかも知れない。 しかし、そうした試みが習慣に変わると、長期的には同じ運が保障されません。

結論

ダブルトップとダブルボトムは便利で安定的なチャートパターンですが、成功率は実際にそのような信号を成功的な取引に変換するあなたの能力にかかっている。

このようなチャート構成で取引技術を向上させるため、デモアカウントで練習したり過去のチャートでパターンを検索して始めることができる。 技術指標、特に過買収および過売度水準を測定する指標を注視することを忘れてはいけません。